インデックスファンドで資産運用>世界(国際)分散型ファンドとポートフォリオ

インデックスファンドを販売しているネット証券
  1. SBI証券
  2. カブドットコム証券
インデックスファンドの選び方と優良ファンド
  1. インデックスファンドの選び方
  2. インデックスファンド一覧
  3. 国際分散型セゾン投信どうよ?
インデックスファンドで資産運用の管理事項
  1. 相互リンクについて
  2. 資産運用*
  3. ご利用案内
姉妹サイト紹介
初心者の資産運用入門|お金増やす計画net
  1. 「簡単」な運用(世界バランス型)
  2. 外国債券ファンド
FXで資産運用計画〜10倍にお金を増やす
  1. 0から始めるFX体験記
  2. FXの始め方

豪ドル円はどうなの? -初めてのスワップ運用

セントラル短資FX「FXダイレクト」の感想・体験談

世界(国際)分散型ファンドとポートフォリオ

 世界分散投資をするためのファンドの買い方は、2通りあります。

 1.投資商品ごとにファンドを買う
 2.バランス型ファンドを買う

1.投資商品ごとにファンドを買う

 分散して運用する資産をポートフォリオといいます。

 どのようなポートフォリオにするのか、を考えると、
 投資商品ごとに、ファンドを買っていくほうが、分かりやすいです。

 それから、コスト(信託報酬)が安くなります。

商品 地域 ファンド(例) 信託報酬 販売例
株式 日本 インデックスファンドTSP 0.546% SBI証券
先進国
(日本除く)
STAM グローバル株式
インデックス・オープン
0.63%
新興国 STAM 新興国株式
インデックス・オープン
0.63%
債券 日本 三菱UFJ-eMAXIS
国内債券インデックス
0.42% SBI証券
先進国
(日本除く)
STAM グローバル債券
インデックス・オープン
0.5775%
新興国 STAM 新興国債券
インデックス・オープン
0.63%

 短所としては、リバランスという作業を自分で行う必要があります。
 年1回程度、ポートフォリオの割合がくずれていないか確認し、必要なら調整する作業です。
 リバランスによって、運用率が年率1〜2%程度良くなるといわれています。

2.バランス型ファンドを買う

 SBI証券の「住信-SBI資産設計オープン」は良いファンドだと思います。
 (※「簡単」な運用(世界バランス型)」を参照)

 そして、もう一つ挙げるなら、
 セゾン投信の「セゾンバンガード・グローバルバランスファンド」。

 このファンドは資金流入が持続していて、なおかつ純資産額が300億円を超える、最も安心して投資できるバランス型ファンドです。

 そこで、ここでは
 セゾン投信の「セゾンバンガード・グローバルバランスファンド」を例に考えて見たいと思います。

 バランス型ファンドを買う利点は、
  リバランスは、ファンドマネージャーがしてくれる
 ということです。

 欠点は、見当たりません。
 一般のバランス型ファンドでは、コスト高が問題となるのですが
 セゾン投信では、
 信託報酬が、0.74%(純資産額が増加すると0.71%まで下がる)程度です。

 信託報酬1.0%をきるわけですから、コストとしては申し分ないレベルです。
 一つ一つファンドを買っていく場合と比較しても、
 0.1%程度の違いですから、気にするレベルではありません。
 リバランスをかわりにやってくれるのですから、その分のコストと考えれば安いくらいでしょう。

 分散割合は、どうなっているかというと、
 株式:債券=50:50

 円貨:外貨=15:85(適宜見直し)

種類 日本 先進国
(日本除く)
新興国 合計
株式 4% 36% 10% 50%
債券 11% 39% 0% 50%
合計 15% 75% 10% *

 分散割合は、基本的には、時価総額などの市場規模を基準に決めているようです。

 このポートフォリオに不満がある人は、ファンドを追加して補う事で対応できます。
 もっと新興国へ投資してリスクを取りたい人は、新興国へ投資するファンドを。
 不動産の投資が必要なら、REITファンドなどを追加しましょう。

 蛇足ですが、あまりにも補うファンドが多い場合、バランス型を買う意味がありません。
 2つ追加する程度で、整えられるなら、バランス型ファンドを中心に運用するのも良いと思います。
 3つ、4つと追加が必要なら、最初から「1.投資商品ごとにファンドを買う」の方法で一つ一つ買い揃えたほうがいいでしょう。

 話を戻します。
 このファンドは
 日本への投資が15%しかないので、短期間の運用には向きません。
 長期運用タイプのファンドです。

 20年以上運用し続けられる資金で運用しましょう。

 毎月5000円から口座引落にもできます。

 こども口座(未成年用口座)も開設できます(親の同意必要)。

 セゾン投信のホームページ↓↓
 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

【特集】
セゾン投信にインタビュー「目論見書にないことも聞いちゃいました。」


   10.インデックスファンドの特徴
   11.インデックスファンドを長期投資すれば
   12.インデックスファンドの年率は
   13.インデックスファンドがリスク対策
   14.インデックスファンドは投資信託に勝る
   15.上場投資信託:株価指数連動型投資信託受益証券(ETF)とは
   16.過去20年の日本株式市場の現実
   17.長期投資は危険?
   18.何故、長期投資は資産を増やせるのか?
   19.世界分散でインデックス投資
   20.債券・不動産への分散投資
   21.分散投資の割合
   22.世界(国際)分散型ファンドとポートフォリオ
インデックスファンドの選び方
   インデックスファンド一覧
   国際分散型セゾン投信どうよ?

速読ってどうよ!催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!

(C) インデックスファンドで資産運用