インデックスファンドで資産運用>インデックスファンドの特徴

インデックスファンドを販売しているネット証券
  1. SBI証券
  2. カブドットコム証券
インデックスファンドの選び方と優良ファンド
  1. インデックスファンドの選び方
  2. インデックスファンド一覧
  3. 国際分散型セゾン投信どうよ?
インデックスファンドで資産運用の管理事項
  1. 相互リンクについて
  2. 資産運用*
  3. ご利用案内
姉妹サイト紹介
初心者の資産運用入門|お金増やす計画net
  1. 資産運用入門
  2. FX(外国為替証拠金取引)入門
  3. 投資信託(ファンド)入門
FXで資産運用計画〜10倍にお金を増やす
  1. 真のFXパーフェクトマニュアルとは
  2. 0から始めるFX体験記
  3. FXの始め方
年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用
資産運用ブログ-外貨FX投資編

初心者のためのFX外貨用語解説
資産運用のための投資信託用語解説
インデックスファンドの特徴

 インデックスファンドには
 信託報酬が、普通の投資信託より安いという話をしました。

 それ以外の特徴について、説明します。

 運用方針は、
 日経平均株価やTOPIXなどの株価指数に連動することを目指します。
 この株価指数のことをインデックスといいます。

 日経平均株価が下がるようなら、下がるように・・・
 あがるようなら、あがるように・・・

 そのインデックスにあわせた値動きをするように運用します。
 だからインデックスファンドというわけです。

 でも
 わざわざ下がった場合もそれに合わせなくても・・・と思いますが。
 インデックスは、上昇と下降を繰り返しながら
 長期的には、右肩上がりに伸びていきます。
 インデックスは、長い目で見ると必ず、上昇しているわけです。

 インデックスは必ず上昇するので
 それにあわせて運用しているインデックスファンドは、必ずあがるのです。

 よいインデックスファンドは、インデックスにどれだけ外れないで連動しているかによって判断します。


 ちなみにカブドットコム証券か、SBI証券あたりに良いインデックスファンドが揃っています。

 → インデックスファンドの選び方
 → インデックスファンド一覧
 → 国際分散型セゾン投信どうよ?



   1.銀行預金の現実
   2.銀行預金には、インフレリスクが
   3.資産運用=株式投資ではない
   4.投資信託の利点@ファンドマネージャー
   5.投資信託の利点A分散投資
   6.投資信託の利点Bドルコスト平均法
   7.投資信託の利点C複利効果
   8.投資信託の欠点
   9.手数料の安い投資信託、その名は
   10.インデックスファンドの特徴
⇒11.インデックスファンドを長期投資すれば
   12.インデックスファンドの年率は
   13.インデックスファンドがリスク対策
   14.インデックスファンドは投資信託に勝る
   15.上場投資信託:株価指数連動型投資信託受益証券(ETF)とは

速読ってどうよ!催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!

(C) インデックスファンドで資産運用