インデックスファンドで資産運用>銀行預金には、インフレリスクが

インデックスファンドを販売しているネット証券
  1. SBI証券
  2. カブドットコム証券
インデックスファンドの選び方と優良ファンド
  1. インデックスファンドの選び方
  2. インデックスファンド一覧
  3. 国際分散型セゾン投信どうよ?
インデックスファンドで資産運用の管理事項
  1. 相互リンクについて
  2. 資産運用*
  3. ご利用案内
姉妹サイト紹介
初心者の資産運用入門|お金増やす計画net
  1. 資産運用入門
  2. FX(外国為替証拠金取引)入門
  3. 投資信託(ファンド)入門
FXで資産運用計画〜10倍にお金を増やす
  1. 真のFXパーフェクトマニュアルとは
  2. 0から始めるFX体験記
  3. FXの始め方
年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用
資産運用ブログ-外貨FX投資編

初心者のためのFX外貨用語解説
資産運用のための投資信託用語解説
銀行預金には、インフレリスクが

 銀行預金には、インフレリスクがあります。

 銀行にお金を預けておけば、元本は保障されているし、安心と思ってませんか。

 銀行にお金を預けるとあなたの資産は減るのです。といわれたら、どうお感じになりますか。

 銀行にお金を預けておく場合、元本は保証されます。
 利息もつきます。

 しかし
 日本には(普通に経済発展している国は)、インフレというものがあります。
 インフレというのは、物価が徐々に上昇していくことです。

 その上昇率をインフレ率といいます。
 今までの平均は、おおよそ年3%くらいといわれています。

 100円を銀行に20年預けておくと(1年定期で、利息が1%とすると)、
 120円になります。

 20年たって、120円の預金をおろしました。
 缶コーヒーを買おうかな〜、って。値段を見ると180円!

 3%のインフレ率で計算すると
 100円の商品(例、缶コーヒー)が、20年後180円になるのです。

 資産価値が下がったのです。

 インフレがなく100円が100円の価値をもっているなら、
 銀行に預けておいても、利息分だけ資産は増えていくといいえます。

 ところが、現実は100円が180円の価値になっているわけです。

 資産が目減りする
 資産価値が下がる
 実質資産の減少
 とか、いわれる状態になるわけです。

 これが、インフレリスクです。

 しかも、銀行が倒産した日にゃ目もあてられないわけです。

 銀行には、リスクがたくさんあるのです。


   1.銀行預金の現実
   2.銀行預金には、インフレリスクが
⇒3.資産運用=株式投資ではない
   4.投資信託の利点@ファンドマネージャー
   5.投資信託の利点A分散投資
   6.投資信託の利点Bドルコスト平均法
   7.投資信託の利点C複利効果
   8.投資信託の欠点
   9.手数料の安い投資信託、その名は
   10.インデックスファンドの特徴
   11.インデックスファンドを長期投資すれば
   12.インデックスファンドの年率は
   13.インデックスファンドがリスク対策
   14.インデックスファンドは投資信託に勝る
   15.上場投資信託:株価指数連動型投資信託受益証券(ETF)とは

速読ってどうよ!催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!

(C) インデックスファンドで資産運用